知らないと危険!?
頭皮のプロが無料で診断します

自分の頭皮の状態を知っていますか?頭皮の悩みには、まずは原因を知ることが大切。原因を知ることが改善への近道なんです。
あなたに合った原因と対策を頭皮の専門家が無料で診断いたします

開発者ご挨拶

image

 はじめまして。
 日本毛髪科学協会認定講師をしながら美容師をしております大野と申します。 美容師としてこれまで40年間で約10,000人の髪や頭皮を見させていただきました。多くの方が抱えている頭皮のお悩みを解決するヘアケアが完成しました。
 どなた様でも安心してお使いいただけます。

関連商品

image

お問合せ

お問い合わせご希望の方は、下記のボタンよりお願いします。


image

当店はSHOP Makerの元、個人情報
保護の為、蓄積した情報をトップレベ
ルのセキュリティを誇るIDC(インター
ネットデータセンター)にて保管・運用
し保護しております。
ご注文ページや会員登録ページから
送信されたデータは、SSL暗号化通
信により保護されているため、お客
様がインターネットを通じて、当社に
送られる全ての情報は暗号化され漏
洩することが無く、安心してお買い物
できることを保証致します。


美容室で取り扱うパーマ液とは 

美容室ではパーマをかけて髪を美しくしたいと思う人が多いと思います。

年末や年度末は美容室はどこに行っても混雑しています。

いつも行き慣れている美容室も混雑時はバタバタとしていてゆっくり話も聞いてもらえない。

なんてことも良くある話です。

出来るだけゆとりを持って早めに行っておくことをおススメします。

最近美容室で流行っているのが、化粧品登録のパーマ液。

医薬部外品ではなく化粧品登録なので髪を傷めません。っていうやつです。

医薬部外品登録のパーマ液ではカラーとの同時施術(同じ日にパーマとカラーをすること)が

薬事法で禁止されています。

しかし、化粧品登録のパーマ液では同時施術が認められています。

パーマとカラーを同時施術すると髪も頭皮も傷みやすくなりますので

あまりお勧めはしませんが、どうしてもという方は美容室で扱うパーマ液を

確認してみるといいかもしれません。

もし、同時施術なのにパーマ液が医薬部外品を扱っている美容室だったら

ちょっと危険です。

忙しい年末は、お客様が『傷んでもいいから同じ日にパーマとカラーをして』って方が増えます。

困った美容師さんはお客さんがそこまで言うなら。。。

って、言って施術してしまうケースも良くあります。

そんなことをして頭皮のトラブルが起こったら大変です。

あなたは、絶対にそんなトラブルに巻き込まれないでくださいね。

最後に

どんなに髪に優しいカラー剤やパーマ剤を使用している美容室の薬剤でも

カラーやパーマをすると必ず髪は傷みます。

特に敏感な頭皮は真っ赤になってることも少なくありません。

髪や頭皮はあとの処理が大切です。

優しい低刺激シャンプーなどで優しく洗ってあげてください。

美容室でおすすめされるシャンプーは市販のものと比べて刺激が少なくおすすめですよ。

開発者経歴
厚生労働省認定 日本毛髪科学協会
認定指導講師 毛髪診断士
IPA 国際植物療法協会本部講師
植物療法師 IPA指導員一級
サイエンス&C会 会長
ザ・ワット・ポー・トラディショナル・メディカル・スクール・ゾーンリフレクソロジー
メディア
テレビ
NHK生活ほっとモーニング
テレビ東京  医食同源
教育テレビ  おしゃれ工房

ラジオ
文化放送

新聞
読売新聞
朝日新聞

雑誌
NHK出版 生活ほっとモーニング
NHK出版  おしゃれ工房
主婦の友
週刊女性
美容専門誌